パティスリーゆにわ

ホワイトデーは、純粋な自分へ戻る日


時は3世紀ローマ。


キリスト教の聖者「聖バレンタイン」は、
ローマ皇帝が出した結婚禁止令に背く恋人たちをかくまい、密かに結婚させていました。

しかし、そのことがローマ皇帝にバレて、処刑されたのが2月14日。

恋人が愛を誓いあう「バレンタインデー」は、
それが起源となって始まったといわれてます。

さらに、バレンタイン処刑日から1か月後の3月14日。

かくまわれていた恋人たちは、改めて永遠の愛を誓った、
というエピソードが残っています。


その話が元になって、ホワイトデーが生まれたのだとか。

ホワイトデーは「曇りの無い純粋(ホワイト)な自分で、
愛を再確認する日」だったということです。

「純粋な自分に戻れるように」

そんな思いを込めて、ゆにわでは白いスノーボールクッキーをお作りします。


モチーフは、日本の中心となる神社・伊勢神宮の「白石」

伊勢神宮の正殿には、白い石が敷き詰められており、20年に1度の式年遷宮のたびに、
その祭事の一つ「お白石持行事」で取り換えられています。

そんな神聖な白石をモチーフに作った、スノーボールクッキーです。

杏仁の香り高いアーモンドプードルをベースに、
発酵バターとココナッツオイルを合わせることで、コクがありながらも軽やかな味わいを実現。
ザクッと噛めば、香ばしさと、ほんわり安心する甘さが広がります。


伝統的製法で作られた、本物の糖100%で仕上げました
「和三盆糖」とは、日本の伝統的な手法で作られる砂糖の最高級品。

ところが、近ごろ世間に出回る「和三盆糖」は、
ほとんどがグラニュー糖から作られた粉砂糖に、
少しだけ和三盆糖を混ぜて作られているんです。

身体を冷やす砂糖であることはもちろん、
サラサラの状態を保つために固化防止剤などの添加物が入っていることも。

そんな和三盆では、ホッと安心の気で包まれる、
ゆにわのお菓子からは程遠くなってしまいます。

だから、ゆにわでは「」という収穫量が少ない在来品種から作られる、
希少な阿波和三盆糖を100%使用しています。


ただ、竹糖は除草剤に弱いのですべて手作業で除草しなければならなかったり、
台風で倒れたら1本ずつ手で起こして支柱を立てる必要があったり、
甘みが詰まっている根本から刈るために収穫もすべて手作業だったり、
栽培がほんとうに大変なのだそう。

そのうえ、単位面積当たりの収穫量は、
沖縄などで栽培されるサトウキビより少ないため、栽培農家もごくわずかなのです。

安価なグラニュー糖の輸入により、
たくさんあった和三盆の製糖所も姿を消していき、今や数軒。

職人がつきっきりで、火加減を調整しながら、
ひと釜ずつ丁寧に灰汁をすくい取るという根気のいる作業を経て、
本物の和三盆糖が出来上がります。

上質で奥深い甘さを持ちながらも、
口に入れた瞬間消えていく、なんとも儚く繊細な風味

パティスリーゆにわは、上質な自然の素材だけを使い、
手作りの温もりあるお菓子をお届けしています。

やさしい甘さを味わっていただくために、
白砂糖、人工甘味料、添加物など刺激の強い調味料は入れていません。

なぜなら、グラニュー糖、上白糖、三温糖などは、
製造過程で化学的に精製処理され、
大事なミネラルやビタミンが取り除かれてしまっているからです。

そのため、果糖やきび砂糖から作った、
自然な甘さのスイーツだけをお出ししています。

本物を感じると、眠っていた感覚が目覚めるのか、
普段、化学調味料を使っていた方でも

「人工的な味がしてイヤな感じがする・・・」
「今まで、これを平気で食べていたなんて、信じられない」

と選ぶものも自然と変わっていくのです。


パティスリーゆにわのスノーボールクッキーは、
そんな本物の繊細さ・やさしさを最も存分に味わえます。

懐かしいようで、でも一度も食べたことのないようなやさしいお味は、
お子さまにもぴったり。

ぜひ、ご賞味ください。

ご好評につき、予約受付は終了いたしました。たくさんのご予約、ありがとうございました。


ご予約はこちら