パティスリーゆにわ

南米ペルーの特別な「カカオマス」と、
ゆにわ美味しい「お水」から生まれた
一周年記念ウォーター・チョコレートムース

ゆにわが大切にする「素材」「製法」のこだわり

パティスリーゆにわ、オープン一周年記念スイーツは、
とっておきの「ウォーター・チョコレートムース」!


原材料は、南米ペルーのアマゾンで栽培された無農薬のカカオ豆から作られた特別なカカオマス。
特別な畑で栽培されたこのカカオ豆は、自然なフルーティな香りを持つところが魅力です。

そこで、わたしたちは「このカカオマスが生きるお菓子は何だろう?」と、
ブラウニーやチョコケーキなどいろいろ試作しました。
その結果、カカオマスの良さが一番引き立つのが「ウォーター・チョコレートムース」でした。

ゆにわがいつも大事にしているのは、素材そのものが持つ純粋な味。

純粋なチョコの味を楽しんでもらいたい、そして、後味はスッキリ軽くしたい、
との思いをカタチにするため、工夫したのが生クリームの量です。


一般に、ムースは泡立てた生クリームを入れてふわふわ食感をつくっています。

ですが、ゆにわのチョコレートムースは、生クリームの量を極力控え、
その分、ゆにわの「水」と空気を抱き込ませて、ふわふわ感をつくり出しました。

「水」を使っているからこそ、カカオの味をそのままダイレクトに味わっていただけるのです。

フルーティな香りが魅力!
希少な無農薬カカオ豆を使用しました。

一般に、日本に出回っているカカオマスは、大手商社による大量輸入品。
日本で売りやすいよう、広く好まれる味にブレンドされているものが多いようです。

ですが今回、ゆにわが仕入れたカカオマスは、個人輸入による希少な品種。


市場にはほとんど出回らないとも言われています。

南米ペルーのアマゾンの畑で手間暇かけて無農薬で栽培された、
自然の恵み豊かなカカオの風味を、ぜひじっくりと味わってください。

濃厚なチョコレートコクと、
ラズベリー酸味がお口のなかで溶け合います

トッピングは、ラズベリーとピスタチオに、生クリームを添えて仕上げました。

フルーティなチョコレートなので、ラズベリーとの相性は抜群です。


口当たりなめらかなムースには、
チョコ特有のくどさがないため、後味もスッキリと食べられます。

コーヒーとの相性も良く、毎日食べたくなる美味しさです。

ゆにわのお菓子は、心と身体を癒すやさしい味

パティスリーゆにわは、上質な自然の素材だけを使い、
手作りの温もりあるお菓子をお届けしています。

白砂糖、人工甘味料、添加物など刺激の強い調味料は入れず、
やさしい甘さを味わっていただけます。

たとえば、ゆにわのチョコレート菓子は、ムースはもちろん、アイスクリームもケーキもエクレアも、
すべて、カカオマスからつくっています。


なぜなら、既製品のチョコを使うとなると、
どうしても乳化剤などの添加物が含まれることになるからです。

ゆにわでは、純粋な素材の味を味わっていただくことを何よりも大切にしています。

もちろん、お菓子の魅力は「素材」だけでありません。
「場(厨房)」の力も大きいと考えています。

そのためゆにわの厨房は、水はもちろん空気、電気も浄化しており、
つねに澄み切った大自然のような空間を保っています。

人と場の力によって、一つひとつのお菓子の力が最大限に高まるように努めています。

ゆにわの「水」良さをいかしたお菓子を届けたい

ゆにわの料理の原点は、「水」です。

ゆにわは、「水」に特別な思いがあり、ゆにわ系列の全店舗で、
何台もの浄水器を通した美味しいお水を使用しています。


パティスリーゆにわでも、原点である「水」をいかしたお菓子をつくりたい、との思いから、
オープン1周年記念のスイーツには「ウォーター・チョコレートムース」を選びました。

パティスリーゆにわのお菓子を応援してくださった皆さまへの感謝の思いと、
今後もゆにわのお菓子を通して新しいご縁をつないでいきたい、という思いを込めて、
丁寧につくらせていただきます。

10月1日~10日までは、オープン1周年のお祭りです!
「水」に込めた思いを、「ウォーター・チョコレートムース」を通して感じていただければ嬉しいです。