引っ越しパンのここがすごい!①環境づくり編

引っ越しパンのここがすごい!①環境づくり編

こんにちは。
スタッフのクーミンです。

今日は、ゆにわのパン作りの現場から、
こだわりポイントをご紹介させていただきます。

まずはこちらの写真をご覧ください。

つきたてのおモチのようなパン生地…
の下の、ステンレスの台にご注目!
ピカピカできれいですよね。

こちらの面台、
一つのパンの工程を終えるたびに、
使い終わった調理器具は片付け、
面台やスケールの粉も取り除き、
ピカピカに磨き上げているんです!

次もまた粉を使ってパンを作るのですが、
都度つど「場」をリセットして、
新たな気持ちで次のパン生地をお迎えしています。

というのも、パンはとっても繊細で、
周囲の影響を受けやすいから。

ほんの少しの衝撃や温度変化でも
出来栄えは大きく変わってしまいます。

もっと言えば、
作る人の「気持ち」も大切なんです。

心がざわついていたり、イライラしていたり、
他のことが気になって
うわの空になっていたりしたら、
パンも元気がなくなってしまいます。

だから、私たちは
「環境作り」を徹底しています。

道具の乱れは、心の乱れ。

厨房は常に清潔に。

スッキリした気持ちで
心を込めてパンを作るために…。

同時進行で何種類もパンを作りながら、
生地を休ませる12分ほどの間でも

「洗い物!」

と号令をかけて、
みんなで一気に片付けます。

場をきれいに整えると、
忙しくても不思議と心は静かになって
パン作りに向き合うことができ、
パンも喜んで生き生きしてくれるようです。

今日も最高の環境を作って、
美味しいパンをお届けするべく
探求を続けています。

では、また!