引っ越しパンのここがすごい!②水のこだわり編

引っ越しパンのここがすごい!②水のこだわり編

おはようございます、
スタッフのクーミンです。

今回は、ゆにわのパンの
「水」のこだわりをご紹介します!

パン作りにおいて、水は
生地をまとめる重要な役割を担っています。

水の個性によって
パンの仕上がりが変わってくるんです。

パティスリーゆにわで使用している水は、
オリジナル浄水器〝禊(みそぎ)〟と
水の波動を高める活水器の2台を通した浄水。

この浄水器が、すごいんです!

私たちの水の探求は、ゆにわの原点である
大学受験塾ミスターステップアップにさかのぼります。

かつてその塾長であり、私たちの師匠である北極老人は、
まだ 〝浄水器〟の復旧率がまだ4%程度だった 1990 年頃から

「20年後には、浄水器が当たり前の時代がくる」

と、当然のようにおっしゃっていたそうです。

名水100選の神社の水を汲みにいかれたり、
数多くの浄水器を実際に活用されていました。

長年の探求の末、ついに2015年、
ゆにわ独自の浄活水器開発に着手したのです。

そうして完成したのが、
東京の水道水ですら「おいしい」を超えた、
神秘の水に変えてしまう高い浄水能力を持つ浄水器、
〝禊(みそぎ)〟。

その禊を含む3台の浄活水器を通した、
人にも酵母菌にも優しい、美味しい水で
パンを作っています。

また、水の「硬度」もポイント。

禊の水はそのままだと軟水のため、
クリームパンやあんぱん、惣菜パンなどの
柔らかい生地に適しています。

一方、フランスパンには
硬水が適しているため、
ゆにわのミネラルを加えて硬度を調整します。

パン作りの水の硬度を調節

ゆにわのミネラルは78種類の天然ミネラルを含む
塩水湖水ミネラル液。

このミネラルを使って、
フランスの水の硬度に合わせるよう調整しています。

そして、何度も試作を重ねて
香ばしいクラスト(パンの表面部分)の
食感を引き出すことができるようになりました。

是非、トースターで温めてお召し上がりください。

 

こだわり尽くした水で作ったパンは
木曜を除く朝7時から販売中♪

パティスリーゆにわのパン

さあ、あなたも今すぐ、
パティへダーーッシュ!!
≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ